※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

商品券を買うなら「カード会社」「百貨店」のどちらがお得?

クレジットカード会社が発行する商品券のメリット

昔は、クレジットカード会社が発行する商品券・ギフト券が無数にありましたが、現在は以下の6種類を残すのみとなりました。

・JCBギフトカード
・VJAギフトカード
・三菱UFJニコスギフトカード
・UCギフトカード
・KCギフトカード&日専連ギフトカード

JCBが発行するJCBギフトカードが、もっともメジャーな商品券ですね。
三井住友カードなどのVJAグループが発行するVJAギフトカードも流通量が多いです。

全国のさまざまな店舗で利用できる点が、大きなメリットです。
百貨店や家電量販店、スーパー、ファミレス等で使えますからね。
有効期限もないので、昔の商品券でも使えるのです。

また、商品券は基本的にクレジットカードのショッピング枠では購入できませんが、クレジットカード会社が発行する商品券は、同じブランドのクレジットカードであれば購入できるという、大きな強みがあります。
つまり、JCBギフトカードはJCBのクレジットカードで、VJAギフトカードはVJAグループのクレジットカードで購入できるのです。

クレジットカードのショッピング枠で購入できますから、現金化にも活用できることが嬉しいですね。
今すぐお金が欲しいという場合は、商品券をカード決済で購入し、商品券を金券ショップ等で売却して、現金を手に入れることもできます。

一方で、カード会社が発行する商品券にはデメリットもあります。
それは、店舗で利用する時、お釣りが出ないということです。
1,000円券で800円の買い物をしても、200円のお釣りはもらえないのです。額面以上のものを購入する必要がありますね。

<クレジットカード会社の商品券メリット>
・知名度が高い
・全国の店舗で使える
・有効期限がない
・同ブランドであればクレジットカード決済で購入できる

<クレジットカード会社の商品券デメリット>
・お釣りが出ない

百貨店が発行する商品券のメリット

百貨店が発行する商品券が、「全国百貨店共通商品券」です。
伊勢丹や大丸、そごう、高島屋、西武、三越、東武百貨店、阪急百貨店、阪神百貨店、小田急百貨店、東急百貨店、京王百貨店、天満屋、近鉄百貨店、松坂屋……
これ以外にも全国の百貨店で使えるので、便利です。

全国百貨店共通商品券にも、有効期限はありません。
そして、カード会社の商品券とは異なり、お釣りが出ます
1,000円券で800円の買い物をしたら、ちゃんとお釣りの200円をもらえるのです。
これは嬉しいですね。使い切らなきゃいけないと、無駄遣いしなくても良いですからね。

商品券として利用する分には、ほとんどデメリットはありません。
カード会社に比べると、百貨店以外で使えないということくらいでしょうか。

しかし、クレジットカードのショッピング枠の現金化という観点では、最大の弱みがあります。
全国百貨店共通商品券は、クレジットカード決済で購入できないということです。
それでは、現金化に活用することができませんね。

どうしても、全国百貨店共通商品券をカード決済で手に入れたいなら、ヤフオク!で落札するしかありません。
送料等もかかり、日数も必要ですから、あまり現実的ではない方法です。

<百貨店が発行する商品券メリット>
・知名度が高い
・有効期限がない
・お釣りが出る

<百貨店が発行する商品券デメリット>
・百貨店でしか使えない
・クレジットカード決済で購入できない

両者のメリットを徹底比較!

クレジットカード会社と百貨店の商品券について、比較してみましょう。

<使える店舗>
カード会社:百貨店や家電量販店、スーパー、ファミレス等
百貨店:百貨店のみ

<有効期限>
カード会社:なし
百貨店:なし

<お釣り>
カード会社:出ない
百貨店:出る

<クレジットカード決済での購入>
カード会社:同ブランドのカードであれば可能
百貨店:購入できない

全国百貨店共通商品券はお釣りが出るというメリットがありますが、クレジットカードのショッピング枠では購入できないというデメリットがあります
ショッピング枠の現金化に活用したいなら、クレジットカード会社の発行する商品券を購入しましょう。

まとめ

クレジットカード会社と百貨店が発行する商品券について、比較してみました。
同じ商品券でも、意外と違いがあることが分かりました。

ショッピング枠を現金化するなら、クレジットカード会社の商品券に軍配が上がりますが、くれぐれも買い過ぎに注意してください。
ショッピング枠で商品券ばかり購入すると、クレジットカード会社から現金化を疑われてしまいます。
そうなると、クレジットカードが利用停止になってしまう可能性もありますからね。

そのリスクを最小限に抑えたいなら、ショッピング枠を現金化できる現金化業者に依頼してください。
カード会社に疑われにくい商品を購入しますので、クレジットカードが利用停止になる可能性は非常に低いのです。
ただし、中には詐欺的な業者もいますので、現金化業者選びが最も重要です。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら