※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

初めてクレジットカード現金化する前に知っておきたいこと

クレジットカード現金化には2種類の方法

クレジットカードの現金化とはどういうことなのでしょうか。
それは、クレジットカードに備わっているショッピング枠というものを現金にすることです。

ショッピング枠を現金化するには2つ方法があり、1つ目が自分で行う方法です。
クレジットカードで購入できる商品のうち、転売して高く売れそうなものを選び、クレジットカード決済で購入します
その後、買取ショップで売れば現金を手に入れることができます。

2つ目が現金化業者に依頼する方法です。
実店舗とオンライン店舗があり、ともに依頼することで現金を手に入れることができます
実店舗は実際に足を運ばなければならないので、オンライン店舗を利用する人が多くなっています。

現金化には多数のメリット

クレジットカードの現金化を実際するとなると、不安に思う人が多いと思います。
ですが、クレジットカードの現金化自体は違法ではないですし、たくさんの人々が行っています。

なぜたくさんの人々が行っているかというと、カードローンなどに借りる際には審査がありますが、クレジットカードの現金化には審査がないからです
ですので、カードローンの審査で落ちてしまった人でも、現金化を行うことは可能です。

また、金融機関などでお金を借りると、お金を借りたということが信用情報機関に履歴が残り、今後のクレジットカードの発行や住宅ローンなどに影響が出てしまいますが、クレジットカードの現金化は現金化を行ったという履歴は残りませんので、他への影響はありません。

そして、カードローンで借りる時には審査の結果を待つなど、かなりの時間を要する場合がありますが、クレジットカードの現金化は、現金化業者に依頼すれば最短30分で指定口座に現金を振り込んでくれます
時間がない人にはうってつけと言えるでしょう。

支払う場合にもメリットがあります。
クレジットカードでの支払いなので、分割・リボ払いが選択できるので、自分のペースで返済することができるのです。

現金化にも欠点がある

カードローンなどと比べて審査や他の影響がないので良いことばかりですが、欠点もあります。

前項でクレジットカードの現金化は違法ではないと解説しましたが、現金化はクレジットカード会社の各社が利用規約で禁止しています
そのため、クレジットカードの現金化がバレてしまうと、クレジットカードが利用停止となってしまう場合があります。
最悪の場合はカードが強制解約処理となり、今後利用できなくなる可能性もあります。

またクレジットカードの現金化は、自己破産が認められない自己破産の免責不許可事由に該当し、もしバレた場合は自己破産ができなくなる確率が非常に高まります
万が一支払いが追いつかなくなり、自己破産したほうが良いなっても、自己破産できなくなるというリスクがあります。

2つの欠点を知ってしまうと不安になってしまいますが、こちらはクレジットカード現金化業者に現金化を依頼すれば、そのような心配は必要なくなります。

まとめ

クレジットカードの現金化は、カードローンのように審査がなく、クレジットカードを持っていれば誰でも行えるので、現金が必要になった際にはお勧めです。

現金化を行うことで信用機関などに履歴は残りませんので、他への影響もありません。

ただ、クレジットカードの現金化がカード会社にバレたりすると、カードが利用停止となったり自己破産ができなくなることもありますが、それは現金化業者に現金化を依頼すれば避けることができます。
業者に依頼すれば、最短30分で現金を手に入れることができるので、お勧めです。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら