※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

あんしんクレジット:0120224855

まだ大丈夫!一時的なブラックリストから早く脱出しよう!

ブラックリストって何?

ブラックリストとは、クレジットカードの返済が滞ったり、破産が生じたりした場合などに、延滞情報・事故情報として金融機関の個人信用情報に登録されることを指します。

実際にブラックリストというものがある訳ではなく、延滞や事故などがあった人たちの信用情報に傷が付くことを、「ブラックリストに載る」と表現するのです。

信用情報機関は、主にCIC(シー・アイ・シー)、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つ。
クレジットカードの情報はすべてCICに記録されます。

支払い日より61日以上または3ヶ月以上の支払い遅延(延滞)があると、信用情報に「異動」と記録されます。
これが、いわゆる「ブラックリスト」入りという訳です。

巷では、どのくらいブラックリストに載っているものなのでしょうか。
CICの統計データを見ると、平成27年4月現在の総登録情報件数は6億3,918万件です。

そのうち、ブラック情報である「異動」の件数は1,464万件。
登録件数の約2.2%がブラックになっている割合になります。

つまり、クレジットカードを作った人の約2%がブラックになっていると考えられます

ブラックリストに載るとどうなる?

クレジットカードの支払いが遅れてしまうと、どうなってしまうのでしょうか。
まずは、そのクレジットカードが使えなくなってしまいます

クレジット(=信用)で後払いにしたのに、その信用を裏切る行為をしているのですから、当然ですよね。

ただ、少しだけの遅延であれば、すぐにブラックリストに載る訳ではありません。
それでも「遅延した」という情報は記録されますから、一時的なブラックリスト入りと言えるでしょう。

そして、61日以上または3ヶ月以上も支払いが遅れると、信用情報に「異動」の記録が残り、ブラックリストに載ります。

ブラックリストに載ってしまうと、どうなってしまうのでしょうか。

・お金を借りられなくなる
・他社でもクレジットカードを作れなくなる

主にこの2点です。
借りたお金を支払っていないのですから、他社での審査に通るはずがありませんね。

信用情報への「異動」の記録は、最低でも5年間は消えません
ブラックリストに載ってしまうと、その後5年間は他社でクレジットカードを作ったり、お金を借りられなくなったりすると認識しておいてください。

一時的なブラックリストから脱出する方法

一時的なブラックリストであれば、まだ「異動」の記録が残っていないので、一刻でも早く支払いましょう。
とにかく、滞納分を返済することが、一時的なブラックリストから脱出する唯一の方法です。

滞納分を完済すれば、またクレジットカードのショッピング枠を利用することができます
ただし、信用情報には「遅延した」という記録が残ってしまいます。

そこで、この記録を消去するための秘訣を紹介しましょう。
それは、逆にどんどんクレジットカードを使うことです。

ショッピング枠で買い物に利用して、きっちりと支払い日に支払うことで、信用情報には新しい支払い実績が載っていきます。
新しい支払い実績が載ると、古いものから順に消えていくのです。

クレジットカードを積極的に利用することで、「遅延した」という記録をどんどん古くしていき、遂には消すことができるという訳ですね

一時的なブラックリストであれば、新しいクレジットカードを作ることもできると思います。
銀行系のクレジットカードだと、かなり審査が厳しいので、難しいかも知れませんが。

まとめ

一時的なブラックリストから脱出する方法を解説しました。
とにかく早く返済して、信用情報に傷が付かないように気をつけてください。

「明日が支払い日だけれど、支払うお金がない……」という人は、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法を検討してみてはいかがでしょうか。

ショッピング枠を現金化できる現金化業者を利用すれば、その日のうちに銀行口座に入金してもらうことも可能です。

ブラックリストに載らないようにするために、現金化をうまく活用してください。

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら