※弊社は詐欺・闇金融業者、また金融行為も一切行っておりません

Suicaって現金化できるの!?その裏ワザとデメリットを解説

カードタイプとモバイルタイプがある

Suicaは、JR東日本が発行するICカードです。
鉄道やバスに乗る時、ワンタッチで改札機をスイスイ通過できます。
さらに、Suicaマークのあるお店では、SF(電子マネー)として使用でき、こちらもワンタッチで買い物ができる、便利なICカードです。

Suicaにはカードタイプと、スマホ等で使えるモバイルSuicaの2種類があります
カードタイプは、預り金(デポジット)500円を支払うことで、作ることができます。基本的にはJRの自動券売機で現金をチャージして使います。
一部のお店でも、入金(チャージ)できます。

ビューカードというクレジットカードと一体型のSuicaであれば、駅構内のATMを利用して、クレジットカードからチャージすることができます。
あるいは、駅の改札機を通過した時に、残額が少なくなると自動でチャージするオートチャージ機能を使うこともできます。

カードタイプはビューカードでしかチャージできませんが、モバイルSuicaであれば、ほとんどのクレジットカードでチャージが可能です

さて、Suicaにチャージしたお金を、現金に戻すことはできるのでしょうか?
基本的にはできないのですが、裏ワザ的に現金化することはできます。

Suicaを現金化する3つの方法

チャージしたSuicaを現金化する方法は、次の通りです。

①切符を間違えて購入したら、現金で払い戻しできる
②Suicaで商品を購入して、転売して現金を獲得する
③カードタイプのSuicaを返却して、払い戻しを受ける

1つ目は、JRの駅で切符をSuicaで購入して、それを間違えて購入してしまったと駅員に言うと、Suicaから引かれたチャージ金額を戻すことはできないため、現金で払い戻しを受けることができます。
券売機でも、購入から5分以内に手続きすれば、現金で払い戻しできます

2つ目は、Suicaで換金性の高い商品を購入して、それを転売することで現金を手に入れることができます。
ただ、Suicaで購入できる換金性の高い商品は、あまりないと思われます
例えば、コンビニではSuicaを使えますが、換金性の高いAmazonギフト券などはSuicaでは購入できないのです。
Suicaで購入できて、オークションやフリマアプリ等で高く売れる商品があるなら、やってみる価値はありますね。

3つ目は、カードタイプのSuicaに限りますが、Suicaを返却するのです。
Suicaを返却すると、チャージ残高から手数料220円を差し引いた金額に、預り金(デポジット)500円を加えた金額が返金されます。
チャージ残高が220円以下の場合は、預り金のみの返金となります。
ただし、これはSuicaを返却するので、一度しか使えない方法です

Suicaの現金化にはあまり旨味がない

Suicaは、基本的に現金をチャージして使いますから、チャージした電子マネーを現金化することに、あまり意味はありません。
間違えて切符や商品を購入した時に、払い戻すくらいです。

クレジットカードでチャージしたのなら、現金化する意味はありますが、はっきり言ってほとんど旨味はありません
Suicaで購入できる、換金性の高い商品って、ほとんどないですからね。

わざわざクレジットカードでSuicaにチャージして、現金化するくらいだったら、最初からクレジットカードのショッピング枠を現金化したほうが、はるかに効率的ですし、手にできる現金も多いです

手元に現金がないけれど、「いますぐ現金が欲しい!」というのなら、Suicaを現金化するのではなく、クレジットカードのショッピング枠を現金化してください。

ショッピング枠を現金化してくれる現金化業者に依頼すれば、簡単かつスピーディに現金を手に入れることができますよ。

まとめ

Suicaの現金化について、解説しました。
一度Suicaにチャージしたら、現金に戻すことは難しいと理解しておきましょう。

切符や商品を間違えて購入したといって、現金を払い戻すこともできますが、駅員や店員に迷惑をかける方法であり、何度も使えるものでもありません。
あまり有効な手法とは言えないですよね。

急な出費で困っているなら、Suicaのチャージ残高に目を付けるのではなく、お手持ちのクレジットカードのショッピング枠に着目してください。
ショッピング枠に空きがあれば、誰でも審査なく、現金化業者を利用することができます。
駅やお店に行く必要もなく、ネットだけで完了しますから、いつでもどこでも利用できて、とても便利です。
優良な現金化業者との取引を、一度検討してみてください。」

クレジットカード現金化をお考えの方は

 あんしんクレジットにお申し込みは
 合わせて読みたい記事

新着記事一覧

アーカイブ

手続き時間を大幅に短縮!

お申込みはこちら